経営理念

* * *

包装資材を通じて、日本の食文化発展に貢献し続けます
共に学び成長し、感謝しあえる会社を目指します

行動規範

* * *

東京魚類容器の「さしすせそ」

「さ」 最高のサービス
「し」 信頼の獲得
「す」 素直な心
「せ」 責任ある行動
「そ」 組織で挑戦

会社概要

* * *
商号 東京魚類容器株式会社
設立 1948年
代表者取締役 原 周作
資本金  1000万円
業務内容 包装資材販売

<箱・ケース等>
発泡スチロール製 合成樹脂製 ダンボール製 木製

<包装紙等>
青・白パーチ紙 保鮮紙 新聞紙 包装用紙

<袋等>
ポリ袋 強化袋 土産袋 ロー引袋 クラフト袋

<縄・紐・テープ等>
ポリ縄 ポリ紐 藁縄 シュロ縄 布(色)粘着テープ 紙(色)粘着テープ

<その他>
ドライアイス 食品トレー 市場内用車 梱包用材料 等
従業員 16名
主要取引先

株式会社羽根
NK化成株式会社
トーホー工業株式会社

日本液炭株式会社
取引銀行 みずほ銀行
三菱UFJ銀行

沿革

* * *
1948年11月 初代 原 米六により設立
木製の魚用容器などを制作及び販売する
昭和30年代前半より、発泡スチロール製容器の販売を行う
発泡容器を中心に関連資材も扱う
1993年 二代目 原 博 就任
1995年 資本金1000万円に増資する
2004年 三代目 原 聖史 就任
2012年 四代目 原 周作 就任
2014年4月 旭冷蔵工業(株)より業務を引き継ぎ、ドライアイスの販売を始める
2016年10月 旭物産(株)より業務を引き継ぎ、食品トレーの販売を始める

アクセスマップ

* * *