“築地市場”から“豊洲市場”へ

* * *

この度は、東京魚類容器株式会社のホームページにお越しいただき、誠にありがとうございます。

当社は東京都江東区にある豊洲市場内にございます。私たちの歴史は、昭和23年、築地市場にて魚用木箱の販売から始まりました。そして、2018年10月、私たちの舞台は豊洲市場に移りました。

現在は、発泡容器やダンボール箱等の包装資材を、市場内外の多くのお客様へご提供しております。これからも多くのお客様に信頼される企業を目指し、努力してまいります。

経営理念

* * *

包装資材を通じて信頼と笑顔をつなげていきます
食の安全・安心を守ることで地球の未来に貢献します
共に学び成長し感謝しあえる会社を目指します

行動規範

* * *

東京魚類容器の「さしすせそ」

「さ」 最高のサービス
「し」 信頼の獲得
「す」 素直な心
「せ」 責任ある行動
「そ」 組織で挑戦

会社概要

* * *
商号 東京魚類容器株式会社
設立 1948年
所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-6-6 豊洲市場内
TEL:03-6633-0852
FAX:03-6633-0853
資本金  10,000千円
役員 代表取締役 原 周作
取締役 原 幸恵
事業内容 包装資材販売
従業員 20名(正社員9名、パート7名、業務委託4名)
主要取引先

株式会社羽根
NK化成株式会社
トーホー工業株式会社

日本液炭株式会社
取引銀行 みずほ銀行
三菱UFJ銀行
所属団体 豊洲市場協会(理事)
豊洲市場関連事業者等協議会(常任理事)
東京中小企業家同友会

(2020年8月現在)

沿革

* * *
1948年11月 初代 原 米六により設立
木製の魚用容器などを制作及び販売する
昭和30年代前半より、発泡スチロール製容器の販売を行う
発泡容器を中心に関連資材も扱う
1993年 二代目 原 博 就任
1995年 資本金1000万円に増資する
2004年 三代目 原 聖史 就任
2012年 四代目 原 周作 就任
2014年4月 旭冷蔵工業(株)より業務を引き継ぎ、ドライアイスの販売を始める
2016年10月 旭物産(株)より業務を引き継ぎ、食品トレーの販売を始める
2018年10月 市場移転に伴い、本社を江東区豊洲へ移転する

アクセスマップ

* * *